不可視ファイルを表示させる。: あるある!パソコントラブル探検隊
トップページ 基本ツールの起動と概要 > 不可視ファイルを表示させる。

不可視ファイルを表示させる。

Windowsでは、起動やシステムそのものに関するファイルはユーザーに見えない設定となっています。

スポンサードリンク

ユーザーが操作ミスでこれらのファイルを消したりしないように、不可視ファイルとなっています。しかし、「NTLorderディスク」 を作成する時など、これらの隠しファイルを表示させる必要があります。操作がすんだら、また非表示にすることをオススメします。

 

不可視ファイル(隠しファイル)の表示方法

  1. 「スタート」→「コントロールパネル」→メニューバーの「ツール」→「フォルダオプション」
  2.  「表示」タブをクリック→「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択
  3. 「登録されている拡張子は表示しない」、「保護されたオペレーションシステムファイルを表示しない」のチェックをはずす。

隠しファイルを表示

 隠しファイルを表示2

スポンサードリンク

 

パソコントラブル:12345
ネットトラブル:123


 

 
「あるある!パソコントラブル探検隊」はリンクフリーです。ご意見・ご感想・広告依頼などメールはこちらから
「あるある!パソコントラブル探検隊」の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。
Net Office Nakai